広田龍太郎 | 広田龍太郎法律事務所

広田龍太郎

代表弁護士

Eメール: rhirota@hirotalaw.com

広田龍太郎弁護士は25年以上の経験を生かし、弊社法律事務所を経営しております。今まで、アメリカ国内のお客様はもちろん、日本からのお客様も含めた幅広いクライアント層に法律業務を提供させていただいてきました。

広田弁護士は、特に法人契約の作成・レビューを専門としていますが、これまで会社法やビジネス取引に関する法律のアドバイス、知的財産権の取得、雇用法、移民法など、様々な法律の分野に携わってきました。それぞれのお客様の必要性やビジネスの目標に沿ったアドバイスをさせていただいております。

広田弁護士はカリフォルニア大学バークレー校ボルト法科大学院を1989年に卒業。卒業後、サーグッド・マーシャル連邦最高裁判所判事の下、ロークラークとして働き、その後4年間は カリフォルニア州ロサンゼルス市に所在するO’Melveny and Myers法律事務所にて、主に日系企業のクライエントの顧問弁護士として法務に従事いたしました。1997年からは地元、サンフランシスコ市内に自身の法律事務所、広田龍太郎法律事務所を設立し、主に日本語での法律アドバイスが必要なお客様向けに法律業務を提供させていただいています。

広田弁護士はベイエリアの日系人コミュニティの必要性に応えるため、当初専門としていた企業向けの業務から個人のお客様向けへと、広範囲での法律アドバイスをするようになりました。今では移民法、雇用法・労働法、エステートプランニング(遺産相続設計)・遺言や信託の作成、家族法、家主とテナント間のトラブル、事故による人身傷害、民事訴訟、など幅広く法律のアドバイスを行っています。

弁護士資格

カリフォルニア州、1991年に司法試験合格

教育

カリフォルニア州大学バークレー校ボルト法科大学院 – 法務博士(専門職) – 1989年
カリフォルニア州大学バークレー校 – 学士 – 1985年

言語

英語
日本語

Send us an Email
Eメールでのお問い合わせ





 日本語
 English









著作権 © 2019 | 面積